一般社団法人つくば観光コンベンション協会(茨城県つくば市、会長:沼尻 博)は、立ち乗り充電式二輪車「セグウェイ」で公道(歩道)を走る、全国初の街なか観光ツアー「セグウェイシティツアーinつくば」を2013年10月18日(木)~20日(日)に実施します。

全国初の公道での“セグウェイ”観光ビジネス

セグウェイシティ(公道)ツアーは、ワシントン・パリ・サンフランシスコなど、世界各国で人気です。日本では、唯一「モビリティロボット実験特区」の認定を受けているつくば市で、公道実験を実施している段階です。
2012年2月に一般の人も体験できる無料の公道実験を開始、関東一円から参加者があり満足度が非常に高いという結果を得ました。セグウェイツアーは多くの人につくばの街の魅力を伝え、つくばを好きになってもらうためのツールとして非常に有効であることが分かりました。
この結果を受け、当協会は(株)ジェイティービー等と連携し、国内初のセグウェイシティツアーをつくば市で実施します。約2年半をかけた公道実験を経て、民間ベースでのツアー運営に至りました。民間化により、今まで以上に多くの方々につくばの魅力を伝える内容にしていきます。そして来年度以降も、本格的・継続的に実施していく予定です。
なお、当ツアーは、観光庁の「官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業」として行っています。

<ツアーイメージ> (公道実験の様子)

<ツアーイメージ>
(公道実験の様子)

募集枠の10倍の応募で大人気! 愛知県からの応募も。好評につき次回実施も決定!

自動車免許必須、現地集合、90分5,000円という条件にもかかわらず、定員36名に対し、20日間で324名の応募(倍率は約10倍)があり、人気を集めています。関東を中心に、愛知県からの応募もありました。多数の応募を集めたことから、多くの人がセグウェイシティツアーに関心を寄せていることが分かります。またビジネス化に向け手応えを感じています。
好評を受け、2013年11月24日(日)と12月8日(日)に次回のツアー実施が決定しました。さらに来春にも実施を予定しています。詳しくは特設サイトでご案内いたします。

(株)ジェイティービー関東 観光開発プロデューサー 樋口誠司氏のコメント
「日本国内でのセグウェイツアーの普及に向け大きな一歩だと思います。セグウェイツアーが、地域活性化につながる集客力ある観光コンテンツとして実証されたこと、インストラクターの雇用を創出したことは、業界としても注目すべき内容です。国内外の観光客誘致の目玉として、ツーリズム業界を挙げて取り組んでいく必要があると感じています」

他の地方自治体からの特区申請に向けた問合せも増加

今回の成功を受け、市町村単位での行政視察、そして観光協会などの外郭団体、全国の観光地から、特区申請に関する問い合わせが増えています。また今後も注目されることが予想されます。

日本最大の科学の街の魅力を新発見!緑あふれる公園や建築物などを巡る

ツアーでは、研究学園都市らしい実物大ロケットの展示のある科学館「つくばエキスポセンター」や、緑豊かな景色や有名建築家が手掛けた建築物のある「松見公園」、つくば駅周辺などを巡ります。
つくば市は、未来を見越して50年前に計画された街並み、緑あふれる公園がいくつも続くプロムナード、そして有名な建築家らが手がけた複数の建築物があります。当ツアーは、こうしたつくば市の魅力を新発見できる内容となっています。