マイクロモビリティ <(独)産業技術総合研究所>

マイクロモビリティ小型・軽量の未来の乗り物です。体重移動だけで前に進んだり、左右に曲がったりでき、近距離移動に最適な新しいパーソナルモビリティです。 エコの観点からも、自動車に代わる近距離移動手段として注目されています。

ロボットスーツ <サイバーダイン(株)>

HAL (C)Prof.Sankai University of Tsukuba/CYBERDYNE Inc.

HAL (C)Prof.Sankai University of Tsukuba/CYBERDYNE Inc.

筑波大学発ベンチャーとして世界的にも有名なサイバーダイン(株)は、山海嘉之教授が開発したロボットスーツHALを世界に広めるために設立されました。HALは、医療福祉分野では介護保護、自立動作支援、工場などでは重労働、また災害現場ではレスキュー活動支援など、幅広い分野での応用が期待されています。

メンタルコミットロボ「パロ」 <(独)産業技術総合研究所>

メンタルコミットロボ「パロ」

インテリジェント車いす「TAOAicle」 <(独)産業技術総合研究所>

リハビリ体操ロボット「たいぞう」 <ゼネラルロボティックス(株)>

リハビリ体操ロボット「たいぞう」ゼネラルロボティックス(株)は産総研で開発されたOpenHRPを社会に広めるため設立されたベンチャー企業です。ロボット動作開発のプラットフォーム「チョロメテ」や、リハビリ体操ロボット「たいぞう」を開発しています。

無人田植ロボット <農研機構中央農業総合研究センター>

無人田植ロボット中央農業総合研究センターでは、農産業ロボットの研究開発がなされています。最近では市内の水田で「無人田植ロボット」のデモが行われました。

ITS (Intelligent Transport System)等 <(財)日本自動車研究所>

(財)日本自動車研究所ではITSの研究を行っています。カーロボティクスという言葉があるように自動車関連技術の中でロボット技術の占める割合は少なくありません。

調理支援ロボット <筑波大学>

調理支援ロボット筑波大学で研究している調理ロボットは、キッチンと一体となって機能するロボット技術で、空間自体のロボット化を目指しています。

ヒューマノイドロボット <(独)産業技術総合研究所>

ヒューマノイドロボット「HRP-2」

ヒューマノイドロボット「HRP-2」

小型ヒューマノイドロボット「チョロメテ」 <ゼネラルロボティックス(株)>

小型ヒューマノイドロボット「チョロメテ」 <ゼネラルロボティックス(株)>

産業技術分野の研究を行う国内の総合公的研究機関である産総研では、ヒューマノイドロボットの研究をはじめ、ロボット要素技術から統合システムとしてのロボットシステムまで幅広いRTの研究開発を行っています。

三次元視覚認識システム <アプライドビジョンシステム(株)>

三次元視覚認識システム人工知能や知能ロボットの実現のため開発された高精度な三次元視覚計測技術を基に、産総研技術移動ベンチャー企業して設立されました。ステレオカメラ方式で三次元視覚認識システムは、従来の二次元では対応できないさまざまなニーズにこたえることができます。

移動知能ロボット

移動知能ロボットつくばチャレンジに出走した筑波大学の自立移動ロボット

オリエンタルモーターつくば事業所

ロボット等の産業機械で幅広く使われているモーターを開発するオリエンタルモーター(株)が2009年度に研究拠点を新設しました。

安川電機つくば研究所

産業用ロボットメーカーとして広く知られている(株)安川電気技術開発本部ば研究所では、産総研などと共同で次世代ロボットの研究を行うなど、次世代ロボット技術の研究開発を行っています。

排泄介護総合支援ロボット「トイレアシスト」 <(独)産業技術総合研究所>

排泄介護総合支援ロボット「トイレアシスト」

化学プラントのメンテナンスシステム

筑波大学のロボット技術を活用した化学プラントの配管外面腐食判断システムの開発が進行中です。

建築現場における無人施工等のロボットシステムの開発 <(独)土木研究所>

建築現場における無人施工等のロボットシステムの開発国土交通省では、建築現場におけるロボット技術を活用した無人化施工技術等を開発中です。