trob2014_banner

 日本初となるパーソナルモビリティロボットの公道走行を可能とする「つくばロボット特区」プロジェクトを開始して2年半が経過しました。
 ロボット特区は、規制緩和に向けた取組でもあります。新たなテクノロジーを社会に導入し、地域を、そして日本を元気にするためには、既存の社会のルールを見直すことが必要になることがあります。ロボット特区を次のステップに進めるとともに、特区の成果を全国に広めるためには、さらなる規制緩和が必要です。
 今回のフォーラムではこれまでの実験の成果等について発表するとともに、規制緩和と我が国の経済や地域の活性化の関係について考えます。

日時

平成26年3月25日(火)14:00〜18:00

場所

秋葉原ダイビル 2F コンベンションホール

参加費

無料

プログラム

 【主催者挨拶】14:00~
   つくば市長 市原 健一

【基調講演】 14:10~
  規制改革に向けた取組(産業競争力強化法)
   経済産業省 経済産業政策局 産業構造課 課長補佐 渡辺 真幸 氏

【プレゼンテーション1】14:40~
  ■つくばロボット特区の活動報告
   「パーソナルモビリティロボット×街づくり」
    つくば市 国際戦略総合特区推進部長 梅原 弘史 

  ■パーソナルモビリティを活用したクリエイティブな都市づくり
    ~二子玉川から始まる新しいライフスタイル・QUOMOの取り組み~
    東京急行電鉄(株)
    都市開発事業本部 都市戦略事業部 企画開発部長 東浦 亮典 氏

  ■新しい旅の創り方
    ~スローモビリティによる新しいツーリズムの可能性~
   (株)JTB関東 営業部地域交流事業チーム 樋口 誠司 氏

【プレゼンテーション2】15:50~ 
  ■コミュニケーションツールとしてのセグウェイ
   セグウェイジャパン(株)取締役 秋元 大 氏

  ■グリーンイノベーションを目指すモビリティロボットシェアリングの取組
   (独)産業技術総合研究所 
    知能システム研究部門 スマートモビリティ研究グループ長
    松本 治 氏

  ■少子高齢化時代を支える次世代テクノロジーの紹介
    ~歩行空間を自動で走行する移動支援ロボットROPITS~
   日立製作所(株)
   日立研究所 機械研究センタ ロボティクス研究部 山本 健次郎 氏

  ■人と街をつなげるパーソナル移動支援ロボットWingletの可能性
   トヨタ自動車(株)
   パートナーロボット部 ウィングレットグループ 釜 剛史 氏

参加申込

事前登録制です。つくばロボットフォーラムinアキバHPよりお申し込みください。
(定員に達し次第締切りとさせていただきます。)

主催

ロボット特区実証実験推進協議会・つくば市

特別協力

日刊工業新聞社