公益社団法人計測自動制御学会では、啓蒙活動の一環として、講演会や展示、ロボット工作教室などを通じ、本会の活動と計測自動制御に関わる技術を広め、一般の皆様に親 しみを持っていただく催しとして、SICEWEEK(サイスウィーク)というイベントを開催しています。
 本年は、ロボットの開発が盛んに行われている「ロボットの街つくば」をテーマとして、つくば市で開催されます。ロボット開発の最前線についての一般向けの講演会、街中を利用した移動ロボットの実験見学、そして体験教室として小中学生対象のロボット工作と、高校生以上対象のセグウェイ試乗を企画しています。いずれも参加費は無料でどなたでもご自由にご参加いただけますので、多数の皆様のお越しをお待ちしています。ただし体験教室は人数に限りがあるため事前申し込みが必要です。

概要

主催:公益社団法人計測自動制御学会

共催:つくば市

日時:2016年9月22日(木・祝)

時間:9:00~16:30

会場:つくば国際会議場

参加費:無料

プログラム

つくってまなぶマイコンレーサー2

時間:9:30~16:30

会場:国際会議場1階エントランス

定員:40名(申込多数の場合抽選)

対象:小中学生優先

 ロボットに備えられたセンサを使って、ロボットが線に沿って走行するライントレースロボット「マイコンレーサー2」を組立てて、プログラミングするところまでを体験できる教室です。

セグウェイ試乗体験

時間:10:00~12:00

会場:竹園公園

定員:40名

対象:16歳以上

 つくば市は、全国に先駆けてパーソナルモビリティロ ボットの公道走行が認められた街です。公道でのツアーも開催されていますが、体験できるのは18歳以上で普通自動車免許保有者に限られています。 今回は限られた敷地内で16歳以上に限定されますが、免許がなくても体験できる絶好の機会です。

つくばチャレンジ見学

時間:11:00~16:00

会場:大清水公園~駅前広場~中央公園

 人が生活している環境そのままの中でロボットの実験「つくばチャ レンジ2016」が行われています。大学の研究室、国立の研究所や企業などから、街の中を自ら判断しながら人の手を借りずに目的地までたどり着くロボットの研究開発するチームが集まります。実験室から飛び出したロボットが実際の世界でどのように開発されているのか、間近で見て頂き、疑問があれば開発者に直接質問することができます。
 どなたでも自由にご覧いただけます。各自興味のあるロボットについて直接研究者にお問い合わせください。なお、ロボットは開発中ですので、走行の邪魔をしないようにご注意ください。

特別講演

時間:14:00~16:30

会場:つくば国際会議場1階 大会議室102

 つくばで最先端のロボット開発が行われている産業技術総合研究所。いまどんなロボット開発が行われているのか,著名な研究者をお招きしてご講演いただきます。

特別講演①:「ロボットで移動する街づくりを目指して」
講師:松本治 先生(産業技術総合研究所)

特別講演②:「人間型ロボット研究が目指すもの」
講師:梶田秀司 先生(産業技術総合研究所)

SICE WEEK2016についての詳細

ホームページをご覧ください。